Facebook Twitter Instagram

ビーシュリンプを飼うために用意するものとは?

初めて飼うかたは、実際にビーシュリンプを家にお迎えする際に、何を用意するべきかわかりませんよね?

ビーシュリンプを入手する前に揃えたい基本的な用品は次の9個です。

  1. 水槽
  2. ライト
  3. フィルターまたはエアレーション
  4. ソイル(底床材)
  5. 初期バクテリア剤
  6. ヒーター
  7. 水温計
  8. 水質検査キット
  9. バクテリア添加剤
  10. になります。

これらは生体を入れる前の準備となりますいずれもペットショップやホームセンターのペットコーナーで揃う用品となります。

もちろん飼育スタイルによってはこの限りではありませんが、エアーで動かすフィルターを使用する場合はエアポンプが必要となりますし、水草を入れて育てたいとなればCo2の添加器具も必要となります。

ひとまず、最低限の器具から初めて徐々に自分にあったものを追加していく事をおすすめします。

いつかの増設を予定して‥

このようにビーシュリンプの飼育に使う用品類は多くありません。しかし順調にビーシュリンプが飼育されれば繁殖し、増えていくでしょう。

ですから、早いうちから水槽を増やす事を想定し、設置場所を考えていくと良いでしょう。あちらこちらに水槽があると管理が大変ですし、水槽を増やすのであれば、器具はシンプルなものが向いています。その方が増設しやすいですし、コストパフォーマンスも良いでしょう。