ビーシュリンプに適切な水温

Facebook Twitter Instagram

ビーシュリンプと水温は密接な関係にあると考えられます。ビーシュリンプが生存できる水温というだけでなく、成長を早めたり、繁殖がしやすくなったりと飼育をするにあたり、水温の管理は重要になります。

ビーシュリンプにとって危険な水温は?

ビーシュリンプと水温の関係についてですが、生存できる水温は何度くらいまででしょう?ビーシュリンプが生存できる水温は低くて5℃くらいと言われています。ですが、これはあくまでも生存が確認できたということであり、快適に生存しているという事ではありません。あくまでも、なんとか生きている状態というだけです。ある程度、活動的に生存できる水温は下で16℃くらいまでです。また、上限の水温はどれくらいかと言いますと、28℃くらいです。30℃を越えて何日も過ごす事はビーシュリンプにとって大変危険な状態となります。

最適な水温は22℃~24℃くらい

それでは、ビーシュリンプにとって最適な水温はというと、やはり22℃~24℃くらいとなります。水温の状態が最適だと、忙しなく足を動かし、
爪を使いツマツマして活動的です。そして、ビーシュリンプの繁殖に適した水温も22℃~24℃くらいと言われています。

色落ちを防ぐための水温

また、ビーシュリンプの個体の色を保ち、色落ちを防ぎながら育てるためには、水温は18℃~20℃くらいが良いといわれています。水温を低めに保ったまま成長を促進させることにより、色を保ったまま、ビーシュリンプは育っていくそうです。

成長促進のための水温

そして、ビーシュリンプの成長を急激に促進させるのに水温は25℃が良いと考えられます。25℃では成長を急激に大きくさせるような環境なのでリスクとしては色落ち、色抜けも考えられます。